セカンドスローDTMスクール

住所:510-0241三重県鈴鹿市白子駅前5-20近藤ビル1-1
電話:059-373-5689
直通:080-3280-9887
メール:info@2ndthrow.jp
 059-373-5689
お問い合わせ

日記

2023-07-25 10:00:00

MIX4日目→コンプレッサーについて

コンプレッションは、音のダイナミクス(音量の変動)を制御するための重要なツールです。

 

それは音楽の一部が他の部分よりもはるかに大きすぎるとき、または小さすぎるときに用います。

 

例えば、ドラムスの一部が他の部分よりも大きすぎると、リスナーはミックスの他の部分を聞き取ることができなくなる可能性があります。

 

コンプレッサーを使って、これらの大きな音を抑制し、ミックス全体のバランスを改善することができます。

 

コンプレッサーには四つの基本的なパラメータがあります。

スレッショルド、レシオ、アタックタイム、リリースタイムです。

 

1. スレッショルド

コンプレッションが発生する音量レベルを設定します。スレッショルドを超えると、音はコンプレッションされます。

 

2. レシオ

スレッショルドを超えた音量がどの程度減少するかを設定します。例えば、3:1のレシオでは、スレッショルドを3dB超えた部分が1dBに抑えられます。

 

3. アタックタイム

音がスレッショルドを超えたときにコンプレッションが開始されるまでの時間を設定します。短いアタックタイムは音を急速に抑え、長いアタックタイムは音を徐々に抑えます。

 

4. リリースタイム

音がスレッショルド以下に戻った後、コンプレッサーが解除されるまでの時間を設定します。

 

これらの設定を調整して、どの程度のコンプレッションを行うか、どの速度でコンプレッションを行うかを制御します。

 

適切なコンプレッションは、音楽のダイナミクスを制御しつつ、音楽のエネルギーと生活感を保つことができます。

 

コンプレッションは強力なツールですが、使いすぎると音楽が平坦で生命力を失う可能性があるため、注意深く使用する必要があります。

2023-07-24 10:00:00

MIX3日目→EQイコライザーの種類について

イコライザ(EQ)は、音の特定の周波数を増減するためのツールです。EQの種類は大きく3つに分けられます:グラフィックイコライザ、パラメトリックイコライザ、そしてセミパラメトリックイコライザです。

 

1. グラフィックイコライザ:

これは多くの周波数帯(通常は10から30帯)を持つイコライザで、各帯域は固定された中心周波数を持ちます。ユーザーはスライダーを上げ下げして各帯域のゲインを調整します。

このイコライザは視覚的にわかりやすく、大まかな周波数調整に便利です。

 

2. パラメトリックイコライザ:

これは中心周波数、ゲイン(増減量)、そしてQ(品質係数、つまり帯域幅)を調整できるイコライザです。

これによりユーザーは特定の周波数を精密に制御することが可能です。これは混合やマスタリングの際に特に有用で、特定の周波数の問題を解決するのに適しています。

 

3. セミパラメトリックイコライザ:

これはパラメトリックイコライザと同様に中心周波数とゲインを調整できますが、Q値は固定されています。

これは中間的な調整に使われます。

 

これらのイコライザを使用する際には、まずは周波数スペクトル全体での大まかなバランスを見つけるためにグラフィックイコライザから始め、次にパラメトリックイコライザを使って特定の周波数の問題を修正するという方法が一般的です。

 

また、すべてのイコライザ調整は、全体的なミックスの中で行うべきです。単独のトラックのサウンドを「良くする」ためにEQを使うのではなく、トラックが全体のミックスの中でどのようにフィットするかを考慮することが重要です。

また、EQの調整は微妙な作業で、過度に調整すると音質が悪くなる可能性もあります。

したがって、耳を頼りにして少しずつ調整を行うことがおすすめです。

2023-07-23 10:00:00

MIX2日目→EQイコライザーの使い方

イコライジング(EQ)は、音の特定の周波数範囲を強調または減衰させるテクニックで、各トラックがミックス内で適切に響くようにするために使用されます。EQは、楽器や音源の音色を調整し、他のトラックとのバランスをとるために重要です。

 

ミックスの中でトラックが重なり合っている部分は、周波数帯が競合して聞こえなくなる可能性があります。

 

例えば、ベースとキックドラムが同じ低音域に存在すると、どちらもはっきり聞こえにくくなります。このような場合、EQでそれぞれを分離させることができます。

 

具体的には、ベースの中心周波数を少し上げ、キックドラムのそれを下げるなどして、2つが同じ周波数範囲で競合するのを避けることができます。

 

同様に、ボーカルが埋もれないようにするために、他の楽器の中音域を少し下げることもあります。

 

注意すべき点として、EQを調整するときは、個々のトラックではなく、全体のミックスの中で調整することが重要です。

 

それぞれの音が単体で素晴らしく聞こえることは大切ですが、それよりも全体のミックスが一体となって聞こえることが最も重要なのです。

2023-07-22 10:00:00

MIX1日目→音量レベルとバランスについて!

レベルバランスはミックスの基本で、楽曲内の各トラックの音量を調整する作業です。これにより、楽曲全体が一体となり、個々の楽器が適切に聞こえるようにします。

 

最初は全てのフェーダーを一番下に下げ、一つずつトラックを上げていきます。

 

まずはリズムセクション(通常はドラムとベース)から始め、

メロディー(ボーカルやリード楽器)を加え、

次にコード(ギターやキーボード)を加え、

最後にエフェクト(シンバルなど)を加えるという順番が一般的です。

 

各トラックがうまくバランスを取れているか確認するには、音量を下げて聴いてみます。

 

小さい音量でも各トラックがはっきりと聞こえるなら、バランスはうまく取れています。

 

逆に、音量を上げると、過剰な部分や足りない部分が明確になることがあります。

 

ミックスのレベルバランスを適切に調整することで、リスナーは全ての楽器や音を楽に感じ取ることができ、楽曲の表現力を最大限に引き出すことができます。これは時に試行錯誤を必要としますが、耳を信じて調整を続けていくことが重要です。

2023-07-21 10:00:00

ミキシングスキルについて深掘りをしていきたいと思います

皆さんお待たせいたしました。

ここからは最もセカンドスローDTMスクールでお問い合わせが多いミキシングの日記となります。

 

今回からこの10個のテーマを深掘りしていきたいと思いますので、ぜひ楽しみにおご覧下さいませ!

 

1. レベルバランス:楽曲全体のバランスを保つために、各トラックのボリュームレベルを調整します。

2. EQ(イコライザー)の使用:音色を整え、トラック間の周波数競合を避けるためにEQを使用します。

3. コンプレッション:ダイナミクスを制御し、音の一部が他の部分を圧倒しないようにするためにコンプレッサーを使用します。

4. パンニング:ステレオフィールド内で各トラックを配置し、楽曲に幅と深みを与えます。

5. リバーブとディレイ:楽曲に空間感を与え、深みを出すためにリバーブやディレイを使用します。

6. バス処理:関連するトラックを一緒にグループ化し、まとめて処理します。例えば、ドラムの全ての要素を一つのバスにルーティングしてまとめて処理するなどです。

7. サイドチェイン:一つの音が他の音を引き立てるように作用させるテクニックです。例えば、ベースラインがキックドラムに合わせてダックするなどです。

8. オートメーション:楽曲が進行するにつれてパラメータを動的に変更し、楽曲に動きと興味深さを加えます。

9. 高周波エネルギーの管理:高周波エネルギー(特にシンバルやハイハットなど)は、ミックスに明るさとエネルギーを加えますが、適切に管理しないと耳に不快感を与えることもあります。

10. マスタリング:ミックスが完了した後の最終的なポリッシュ作業であり、音量を最適化し、EQと圧縮を微調整し、楽曲がどの再生システムでも最良に聞こえるようにします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2024.04.25 Thursday