セカンドスローDTMスクール

住所:510-0241三重県鈴鹿市白子駅前5-20近藤ビル1-1
電話:059-373-5689
直通:080-3280-9887
メール:info@2ndthrow.jp
 059-373-5689
お問い合わせ

日記

2023-07-30 10:00:00

MIX9日目→サイドチェーン処理とは

サイドチェーン処理とは、ある音(キックドラムなど)が鳴ったときに他の音(ベースラインなど)の音量を自動的に下げるというテクニックです。

 

特にダンスミュージックでは、キックとベースが同時に鳴ると低音がぼやけてしまうことから、キックが鳴るタイミングでベースの音量を下げることでクリアなミックスを実現します。

 

以下、Ableton Liveを用いたサイドチェーン処理の基本的な手順を説明します。

 

1. まず、キックとベースの2つのトラックがあるとします。キックが鳴るとベースの音量が下がるようにしたいので、ベースのトラックにコンプレッサーをインサートします。

 

2. Ableton Liveのコンプレッサーには「Sidechain」セクションがありますので、ここを開き、「Audio From」にキックのトラックを選択します。

 

3. コンプレッサーの設定を調整します。「Threshold」を下げると、キックの音が鳴ったときにベースの音量がどれくらい下がるかが調整できます。「Ratio」を上げると、音量の下がり方が強くなります。「Attack」は音量が下がる速度、「Release」は元の音量に戻る速度を調整します。

 

サイドチェーン処理を活用した楽曲としては、ダフトパンクの「One More Time」が有名です。

キックの音が鳴るたびに他の全ての音が下がることで、リズムが際立っています。

 

このような手法は、クリエイティブな表現としても使えます。音楽の幅を広げる有用なテクニックの一つです。

 

サイドチェーン処理は特にエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)でよく使われます。

以下、その手法が顕著に使用されている有名な曲をいくつか挙げてみますね!

YouTubeなどで検索して聴いてみてください!カッコいいですよ!

 

1.Avicii - "Wake Me Up"

2. Skrillex - "Bangarang"

3. Calvin Harris - "Summer"

4.Zedd - "Clarity"

5. Swedish House Mafia - "Don't You Worry Child"

6. Deadmau5 - "Ghosts 'n' Stuff"

7. David Guetta - "Titanium"

8. Tiësto - "Red Lights"

9. The Chainsmokers - "Closer"

10.Marshmello - "Alone"

 

これらの曲はキックドラムとシンセやボーカルトラックの間で明瞭なサイドチェーン処理が行われています。

特にEDMでは、サイドチェーン処理はキックドラムを前面に出し、その他の要素(シンセ、ボーカルなど)を一時的に引っ込めるために頻繁に使用されます。この手法はリスナーにダンスフロアでのパルス感を提供し、よりダンサブルなトラックを作るのに貢献します。

2024.03.02 Saturday