最新情報

2020/01/26 22:10

セカンドスロースタジオでのレコーディングが凄い!

セカンドスロースタジオでのレコーディングが凄い!

【レコーディングスタジオとして創業11年の歴史があります】

 

数多くのアーティストのレコーディングを手がけ、同時に日本中や世界中にそのCDを発売してきた実績と経験から、最良のレコーディング機材を揃えました。

 

今回紹介させていただくのは、ほんの一部ですがご覧ください。

機材データ.jpg

2020/01/26 03:25

【1/31まで】オンラインDTMスクール2話無料公開中

【1/31まで】オンラインDTMスクール2話無料公開中

S1無料講義1_31.jpg

 

セカンドスロースタジオ、オンラインDTMスクールでは全13講義あります。

その中から2話まで期間限定で無料公開しています。

 

メルマガ登録していただいた方に、すぐに動画を送らせていただきますので是非見てください。

 

***こちらのページもチェック***

あの人気DTMer前田健一の動画でDTMの世界を知ろう!

http://2ndthrow-radio.com/DTM/online-school/

************************

 

メルマガ登録で期間限定無料動画ゲット!

お名前 メールアドレス
2020/01/05 11:29

オンラインDTMスクール開始!初回無料体験できます

第1講義0.jpg

創業11年の歴史あるレコーディングスタジオが教える
「実践型オンラインDTMスクール」

生徒募集しています。
DTMとは”Desk Top Music”のことです

パソコンで音を作るシステムのことを総称してDTMと呼びます。
そしてDTMのソフトをDAWと呼びます。( Digital Audio Workstation、略称DAW )

知っているけど、何ができるのかわからない。という方ぜひこのページでDTMを学んでいただけると嬉しいです。

 

無料体験詳細リンクページはこちら

 

【2020年1月1日~新サービスDTMオンラインスクール開講】

「簡単で分かり易く覚えれるDTMを学べる動画」を半年間見放題で学ぶことできます。

1講座 98,000円(税別)全12講義+2回オンラインサポート付き

 

 

全12講義の動画構成となっており、1動画あたり30分~50分ほどの講義になります。

自分の好きなペースと空いた時間を使い、自宅などリラックスした状況で気持ちよく学んでいただけます。

 

【受講期間】

 

開始から6か月間

 

【オンラインでの相談や質問サポート】

また半年間の受講期間の中で2回オンラインでの相談や質問サポートなどをパソコン越しに直接DTMトレーナーと話せるサポートもあります。

分からないところや、躓いたところなどもしっかりサポートします!

 

【学べるDAWがたくさん】

一度の講座で学べるのは1つのDAWだけになりますが、ご希望の方は同時並行での複数DAWでの講座も可能です。(料金は2講座分必要)

<DTMオンラインスクールで学べるDAW紹介>

CUBASE

Studio One

Protools

Logic

LIVE

 

【お申し込み・その他の質問】

その他気になる点などありましたら、ホームページお問い合わせからご質問ください。

オンラインDTM.jpg

2019/12/30 04:19

音楽を10倍以上楽しむ方法!

10.jpg

今あなたがアコースティックギターでの弾き語りや、バンドで作曲を悩んでいるなら、この動画は最高のスパイスになるでしょう。

音楽を今以上に

10倍以上楽しめる方法を動画に詰めました。

 

お教えしたいことは山ほど!あります。全部伝えるには何十時間もかかります。

 

先ずはこの動画で興味出た方は続きを見てください!!

 

 

 第2話以降はこちらをクリック!!

2019/12/28 02:51

超カッコいい最新ギターエフェクター紹介!

超カッコいい最新ギターエフェクター紹介!

Helix Floor Space Gray【限定品】

LINE6の最新ギターエフェクターの紹介です。

 

見た目も超カッコいいですよね!

 

でも見た目だけじゃないのがすごいところなんです!

 

■フラッグシップHXギター・プロセッサー

なんじゃそりゃー!?って思いましたよね?

 

現代の音楽機材の流れとして、「モデリングアンプ搭載!エフェクターをDSPで再現!」

と書かれたものが多いです。

 

これもよくわからないと思います。

 

モデリングアンプはなんとなくわかりますよね?

そうです。

いろんなアンプの音をエフェクターの中で再現して実際のアンプに音を送るものです。またレコーディング時など選択したアンプの音を、実際のアンプから音を出すことなくレコーディングすることが可能です。

 

それがモデリングアンプ。

 

ではエフェクターをDSPで再現とはどういうことかといいますと。

 

DSPとはパソコンでいうところの「CPU」であり、”DSP”は音楽専用のCPUと思ってください。

DSPは音がよく、高価な機材にはよく使われる高級チップです。

 

しかし、パソコンのCPUと比べると、そこまで処理性能は高くないため、複雑な音加工をする場合は

複数のDSPチップを搭載して、2コアDSPや4コアDSPなど各メーカーは前面に売り出して、複雑ないい音をPRしているものです。

 

当然DSPのチップが増えるほど値段は跳ね上がります。(大体1DSPあたり4万くらいが相場です)

 

そんなDSPを搭載しているエフェクター内臓とか贅沢すぎる仕様ですよね!!

 

やはり昔からモデリングに力を入れている”LINE6”シリーズは違うといわざるを得ません。

それがフラッグシップHXギター・プロセッサーということです。

 

ぜひ要チェック機材です!!

Helix Floor 商品リンク