ドルビーアトモス制作依頼

名称未設定 1.png

1.Dolby Atmosとは

そもそもDolby Atmosとはなんなのか?

「音声オブジェクトの導入で迫力のある音を実現」

と書いてある。 

https://www.dolby.com/jp/ja/technologies/dolby-atmos.html

易しく説明するとこうです。

Dolby Atmosのポイントは下記の2点。

2-1. 音声オブジェクトの導入

従来のサラウンド音声というのは各chに合うようにミキシング処理されて作成される。 例えば、飛行機の音をコンテンツに入れ込もうとした場合、 クリエイターは5.1chサラウンドなら全6chそれぞれの位置に合うように飛行機音の位相差、音量などを考え、ほかの音とミキシングして作成する。

ツールはたくさん開発されているが、これは基本的に各chに対して行わなければいけない。 また、5.1ch用、7.1ch用、9.1ch用など複数用意してあるコンテンツも多い。

このコンテンツを劇場側が再生する際には、自分の劇場の環境に合うような音声処理が必要になる。 劇場によって、広さも違うためスピーカーの位置関係も異なる。 当然、各スピーカーに対して入れなければいけないアンプの出力値も変わる。

また、劇場側が7.1chのサラウンド環境を持っているとすれば、足りない2ch分を補間処理によって実現するための機材が必要になる。

これに対して、Dolby Atmosでは音声オブジェクトという概念が導入された。 これは、飛行機という音源の3次元的位置情報をコンテンツの中に収録しておくというものである。 クリエイターは各chに合わせたミキシング処理という手間がかからない。

これを再生する際には、Dolbyが提供するツールが音声オブジェクト情報からリアルタイムで各劇場の各chに合わせた音を作成し、再生する。 劇場側はわざわざ機材を導入しなくても、Dolbyのツールに環境情報、スピーカー情報を入力すれば自動的に最適化してくれる。

また、この音声オブジェクトというのが従来のサラウンドよりもよりリアルにサラウンド音声を実現できるようになっているそうだ。

2-2. 天井スピーカーの導入

2つ目のポイントは天井スピーカーの導入。 もともとDolbyはかなり前から天井にスピーカーを配置した立体音響を提唱していたが、Dolby Atmosではそれが導入されている。 これによって音響オブジェクトがより生きてくるということだ。 5.1.2chのように表記し、最後の.2が天井部分を表している。

要するに

音楽を3Dで楽しめるようになる次世代の音楽ミックステクニックであると言えます。

3.アップル製品でもドルビーアトモス が聴ける!

Apple Music のドルビーアトモスによる空間オーディオについて

Apple Music のサブスクリプションに登録している場合は、一部の曲をドルビーアトモスによる空間オーディオで聴くことができます。ぜひ多次元サウンドを体験し、ただ音楽を聴くだけじゃない、音楽に包み込まれるような感覚をお楽しみください。お好きなヘッドフォンや、iPhone、iPad、Mac の内蔵スピーカー、Apple TV 4K、Android デバイスでも楽しめます。

iPhone や iPad でドルビーアトモスを聴く方法を選ぶ

  1. iPhone または iPad を iOS または iPadOS 14.6 以降にアップデートします。
  2. 「設定」を開きます。
  3. 「ミュージック」をタップします。
  4. 「オーディオ」の下の「ドルビーアトモス」をタップします。 
  5. 「ドルビーアトモス」で「自動」「常にオン」または「オフ」を選択します。

「自動」を選択する場合に必要なもの

この機能に対応した楽曲を以下のデバイスで聴くと、自動的にドルビーアトモスで再生されます。

  • AirPods Pro または AirPods Max。空間オーディオをオンにしておいてください。コントロールセンターを開いて、音量調節のボタンをタッチしたまま長押しし、「空間オーディオ」をタップします。
  • AirPods
  • BeatsX、Beats Solo3 Wireless、Beats Studio3、Powerbeats3 Wireless、Beats Flex、Powerbeats Pro、Beats Solo Pro、Beats Studio Buds
  • iPhone XS 以降 (iPhone SE は除く)、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代以降)、iPad Pro 11 インチ、iPad Air (第 4 世代) の内蔵スピーカー

「常にオン」を選択する場合に必要な準備

自動再生に対応していないほかのヘッドフォンを使いたい場合は、「常にオン」を選択してください。


Mac でドルビーアトモスを聴く方法を選ぶ

  1. Mac を macOS 11.4 以降にアップデートします。
  2. Apple Music App を開きます。
  3. メニューバーで、「ミュージック」>「環境設定」の順に選択します。
  4. 「再生」タブをクリックします。 
  5. 「ドルビーアトモス」で「自動」「常にオン」または「オフ」を選択します。

「自動」を選択する場合に必要なもの

この機能に対応した楽曲を以下のデバイスで聴くと、自動的にドルビーアトモスで再生されます。

  • AirPods、AirPods Pro、AirPods Max
  • BeatsX、Beats Solo3 Wireless、Beats Studio3、Powerbeats3 Wireless、Beats Flex、Powerbeats Pro、Beats Solo Pro、Beats Studio Buds
  • MacBook Pro (2018 年モデル以降)、MacBook Air (2018 年モデル以降)、iMac (2021 年モデル) の内蔵スピーカー

「常にオン」を選択する場合に必要な準備

自動再生に対応していないほかのヘッドフォンを使いたい場合は、「常にオン」を選択してください。

4.ご注文の仕方

お問い合わせより、お見積もりをご依頼ください。